Now Loading

Voice

先輩社員の声

Everyday Innovation

ご支援先の企業様を
より良くする

やりがいを感じるときはどんなときですか?

絶対的な答えのない事を日々考える事
仕事風景 「絶対的な答えのない事を日々考える事」をやりがいに感じています。
コンサルタントの仕事を一言で言うなら「問題解決を行うこと」ですが、その問題解決に絶対的な答えはありません。そのため、「本当にこの方法で良いのか、これがお客様のためになることなのか」という事は常に自問自答しつつ、考え抜きながら、業務にあたっています。
手前味噌ですが、考え抜くという事は、誰にでもできることではないと思います。だからこそ、お客様から価値を感じてもらえるのだと思います。「誰でにでもできる仕事ではない」ということを日々感じられるので、非常にやりがいを感じています。

今までの仕事で一番印象に残っている出来事を教えてください。

信頼を得られたという実感を得られた初めての案件
仕事風景 コンペから初めて受注できたお客様との業務が印象に残っています。
私はまだ20代であるため、お客様からどうしても第一印象では若いという印象を持たれる事も多いです。このコンペとなったこの件では、「若いけど、他社のコンサルタントよりもしっかりしてて、安心して任せられそうと思った」と言って頂けました。
こうして始まった業務は人事制度の構築がメインでしたが、会社の組織体制や業務体制に関することなど、様々なご相談を受けることがありました。このように、入口の段階から始まり、入ってからもより信頼を得られたという実感を得られた初めての案件だったので、非常に印象に残っています。

今後の目標や、挑戦してみたいことは何ですか。

幅広い経営改善のご支援のできるコンサルタントになりたい
仕事風景 人事の問題解決に始まり、幅広い経営改善のご支援のできるコンサルタントになりたいと思っています。現在、私の仕事は人事制度の構築・運用のご支援がメインの仕事となっていますが、「ご支援先の企業様をより良くする」という事をモットーにしています。より良くするための手段は無限にあるので、そういう意味では終わりのない目標だと思います。でも、それがこの仕事の面白さでもあると思っています。
加えて、業界で第一人者と呼ばれるような分野が持てると、もっと楽しく仕事ができると思うので、それも目標の1つです。

Message

「会社選び」よりも「仕事選び」の方が大事

私は「会社選び」よりも「仕事選び」の方が大事だ思っています。変化の激しい今の時代、1つの会社で働き続けられる保証はどんな会社に入ったとしてもないからです。
まだ社会に出て働いてもいない中で、仕事選びをすると言っても難しいとは思います。しかし、就職活動をする中で、自分と向き合って頂き、「こんなことにやりがいを感じる」「こんな事に向いている」等、少しでも具体化できれば、みなさんの就活もより意義のあるものになると思います。就活を自分と向き合う機会ととらえて頑張ってください。

ENTRY
エントリー
募集要項
エントリー